相鉄7000系、お別れ撮影会

先月行われた、7000系のお別れ撮影会に行ってきたときの模様です。
仕事を終えてから訪れたので午後になってしまいました、雨はけっこう降っていて、傘必須の状態でした。
20191014-01.jpg
相鉄らしい(個人的には相鉄と言えば鋼鉄の6000系ですけど)、また、昭和テイストなデザインの7000系。
東急の8500にも通ずるカクカクしたデザインは今後作られないような形ですね。
私が小さい頃から乗っていた車両、とうとう最後の1編成になっていたんですね。
隣には世代交代をかもし出すJR乗り入れ対応の12000系。
20191014-02.jpg
そういえばあと10ほどで大白紙改正となり、朝の通勤時の混乱が予想されます。
全体的に時間が繰り上がっているような感じがしますので、今までより5分ほど早く家を出なくてはならないかな。
ではJRに乗り入れることによってどのくらいの人が利用するだろうか?これがたぶん相鉄も読めていないだろうな。
多少は早くなるんだけど、運賃がバカ高いのがネック、定期代にしたって高い定期代を出してくれるのは大企業だけでは?
それに日中の30分に1本という地方の鉄道のようなダイヤじゃ、利用価値は低いですね。
恐らく大和・二俣川から乗車の場合は着席も難しいでしょうか?ただ、海老名からの利用者は新宿・渋谷方面は小田急を使った方が圧倒的に安いし、速度だって決して遅くないけど、座れないのがネックですかね、座って通勤したい人が相鉄・JRに移動するかですね。
大和からの利用者は少ないんじゃないかな?新宿行くんだったら安い小田急だろうし、渋谷なら座りたければ中央林間から田園都市線だろうし、
そうなると利用者にメリットがあるのは三ツ境~西谷の間の人くらいじゃないだろうかな。
私は現在、相鉄→東横線と通勤に使っていますが、新線利用は圧倒的に高くなるので変更はしませんね、時間も武蔵小杉の乗り換えに時間がかかりそうだし。
まぁたぶんほとんどの人が思っていることだと思いますが、この相鉄新線の利用価値は東急に乗り入れてこそ発揮されると思われます。
その先、南北線や三田線に乗り入れることによって都心の赤坂・大手町・内幸町辺りに一本でいけるようになるときこそではないでしょうか?
2022年と予定されているようですが、さらにもう少し先になると思われます。そうそう、新横浜にも行けるようになるしね。
あぁ脱線してしまいました。
撮影会ですが雨が時折強く降ってきて、お隣さんの傘の滴が服に当たりずぶ濡れになってしまったので10分ほどで退散しました。
グッズもプラレール以外売り切れていて、ま、何も出来ない状態でしたので。
出口近くにラストンランのプレートが置かれていました。
20191014-03.jpg
ホーム側から展示車を見ると手前に20000系も置かれていました。10両編成ですが、これは東横線に乗り入れたいんだという意思表示でしょうか?
20191014-04.jpg
最後に、ちょうどそうにゃんトレインがやってきたのでこれに乗って会場をあとにしました。
ありがとう7000系(新7000系は引き続き運用されていますけど)
20191014-05.jpg
そして後日、TBSのNスタで解体搬送されるシーンが特集されていました(録画する暇がなかったです)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント