長野 たびたび3日目 その2 善光寺を訪れる

長野駅での撮影を終えて、駅前からアルピコバスに乗って善光寺を訪れました。 鉄道写真無しですが、一応関連の流れで分類させて頂きます。 購入した北信州フリーパスは善光寺へのバスはびんずる号しか使えないので別途150円支払いバスに乗りました。びんずる号は10時が始発なので待っていると時間が無駄になってしまいます。 善光寺の大きな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野 たびたび3日目 その1 またまた長野駅編

さて旅も3日目に入りました。今日からは観光を楽しみつつ、飯山・野沢温泉方面へ妄想・架空鉄道建設(模型ジオラマ)に向けて現地ロケハンをしに行きます。 さて今回利用した長野第一ホテル、毎度お世話になっていますが、このホテルは2泊すると2泊目に部屋に戻るとおやつが置いてあります。こういうちょっとした心遣いはうれしい限りです。 9階…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野 たびたび2日目 その8 上田電鉄編

2日目もそろそろ最後、上田駅でしなの鉄道を降りて上田電鉄に乗り換えます。 目的は別所温泉で今日の疲れを落とすこと。 ということで途中の駅で降りること無く、別所温泉を目指すため、お得なあいそめの湯きっぷを購入。 併せて売れ残っていると思われた7200系ブレーキハンドル型ペットボトル開けを買おうかと思ったら、売り切れていましたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野 たびたび2日目 その7 平原駅編

さてさて、次はしなの鉄道の名物駅、平原駅で下車しました。 何てこと無い無人駅ですが、この辺りでは珍しい、緩急車を利用した駅舎の平原駅。 このタイプの駅舎は北海道でよく見られるますね、たしか私が訪れた駅では南弟子屈とか美留和、旧五十石の駅なんかがこの車掌車駅だったと思います。 私が乗ってきたこのでんしゃでも私以外、学生が5人くら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野 たびたび2日目 その6 軽井沢編

小諸駅を出まして軽井沢を目指します。駅構内に電車が入ると保存車両が見えてきました。 一番手前にはマルタイ。 電車を降りて保存車両のホーム側に移動、先ほど乗ってきたスカ色とEF63。 その後ろにはアプト式機関車10000形(EC40)、これは貴重ですね。こんなド平日にもかかわらずこのホームには数人、私のように写真を撮っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野 たびたび2日目 その5 小諸編

おはようございます。前回の続きです、坂城を出まして、お昼が近くなってきたので小諸で降りて昼食を取ろうかと思います。 そうそう最初に紹介するのを忘れていましたが、今回、しなの鉄道(南線)を完乗するのに便利なのが今回利用した、軽井沢・長野フリーきっぷです。2350円ですから単純に往復するだけで元が取れます。このきっぷはJRの券売機でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野 たびたび2日目 その4 坂城編

坂城駅に到着しました。 この169系はホームからも見ることは出来ますが、こと、写真を撮ろうと思うとポールが邪魔になってうまく撮れません。駅から出てマジマジと見ることをお勧めします。駅舎は味があってなかなか良い作りですよ。 駅を出まして、車両が置いてある駐車場の所に行きました。 いやぁ、駅外側からでも結構撮りにくいですね。1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野 たびたび2日目 その3 戸倉編

しなの鉄道編に戻りまして、本日はその2の続きです。 屋代駅を出発しまして2つ先の戸倉駅で下車しました。 戸倉駅といえばしなの鉄道の車庫のある駅になります、また、戸倉上山田温泉の入口駅でもあります。 温泉に行くバスのバス停がありますが、駅前は廃れきっている感じがして侘しい状態でした。 特急がなくなった影響でしょうかね。同じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野電鉄 本編 3500系O6編成さよなら撮影会

お早うございます。早速昨日急遽出かけてきました、イベントをまとめましたのでよろしければご覧下さい。 仕事を朝9時に終えて、速攻で車で出かけました。と言うこともあって、現地に着いたのはお昼過ぎでした。午前の部には参加できず午後からとなりました。 イベントに参加するために駅で1日のフリーきっぷを購入しました。 で、ホームに行き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悲報 長野電鉄・旧木島駅舎解体

話が前後してしまうのですが、先行でどうしてもお知らせしたくてこの記事だけ順を入れ替えて掲載します。 廃止から早くも17年、ボロボロになりながらも生きながらえていた、旧木島駅舎がとうとう解体されました。 野沢温泉に向かう途中、バスを降りて撮影を行いました。 上記の写真の時、すでに木島線は廃止になっています、実は私は現役の木島駅を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野 たびたび2日目 その2 篠ノ井・屋代編

昨日2/28深夜23:30頃に帰宅しました。 記事の方は2日目、長野駅を出発して篠ノ井に移動しました。 カマでもいるのかなと思ったのですが、止まっていたのはタキ1000だけでした。 特に何もするわけでもなく、次の電車を待ちました。暖冬で雪もなく、通年より寒くないとは思うのですが、いや、やっぱり吹きさらしで寒かったので改札を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野 たびたび2日目

旅は二日目に入ります。 ホテルで恒例のそばといなり寿司の朝食。チェーン店だとバイキングなんですけど、これはこれで良いですよ。そばもおいしいです。しかしこれが後で仇に。 まず今日は長野駅のしなの鉄道窓口で「軽井沢・長野フリーきっぷ」を購入します。軽井沢まで完乗しようと思います。 このきっぷ2350円です。単純に往復するだけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野 たびたび 1日目

告知通り、今日、また長野に来てしまいました。職場から新宿が少し遠くなってしまったので今まで乗れた9:55発のバスに乗れなくなり1時間後の10:55発の高速バスで長野に向かうことにしました。 ・・・時間になっても来ない、少し遅れてやってきました。 長野行きの高速バスは全便アルピコ交通に変わっているようでした、富士山で忙しくなった京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらば長野電鉄3500系O6編成

長らく須坂駅の4番線と5番線の間の留置線に倉庫として留め置かれていたO6編成が解体されることになったことが公式ホームページに記載されました。 上記は2015年に撮影したものです、いつもの位置より若干屋代寄りにいました。 3月3日にさよならイベントが行われるとのことです。何とタイミングの悪いことか、実は来週25日から28日まで長野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニジオラマ 柄沢駅を作成 その2

作り上げたジオラマ、架空鉄道・木島鉄道の「柄沢駅」です。 実際に似たような場所がありますのでグーグルマップで探してみて頂けると面白いですよ。 畠が段々になっていますので勾配があるのが判るかと思います。 温泉街へ続く狭い道を下る軽自動車。 電車を正面から見る角度です。後方の土産物屋がだいぶ高いところにあります。 露天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニジオラマ 柄沢駅を作成 その1

木島駅の作成はボチボチ進めていますが、今回はすでに完成させている柄沢駅の作成記を紹介します。 前回の木島ジオラマで紹介した路線の野沢温泉駅の一つ手前にあるのが柄沢駅です。 サイズはA3サイズです。ベニヤと角材でベースを作りまして、スチレンボードで高低差を出すことにします。 建物を置いて大まかなイメージを。 道路と線路を塗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野電鉄木島駅を作る

2002年に廃止になり、昨年には唯一残っていた木島駅舎も解体され、現地住民の記憶からも消えつつある木島線。 そんな木島線を模型で復活させようと木島駅を作ってみることにしました。 と言っても切り接ぎをしたり大改造をしたりする技量は無いので、既製品でそれとなく雰囲気を出すことにしました。 駅舎入り口の場所も隣のバスの営業所との接続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妄想、長野電鉄木島線を模型で復活させる

長野電鉄のN模型一杯出ましたね。もう最近ので無いのは3500系のO編成くらいかな。 個人的にはED5001が出てくれればな~と、それとバス、路線は1種類しか出ていないので。 さて、表題です長野電鉄の木島線は2002年3月末で廃止になり、もうすぐ廃止から17年が経とうとしています。 廃線跡も木島駅舎が解体となった今では若干残る架線柱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄コレ 長野電鉄3600系を購入

昨日発売になりました、長電3600系L2編成を買ってきました。 動力化どうしようかと迷ったのですが、店にTM-06Rが一個だけ置いてあったので買ってしまいました。 それ以外は安くすませるために車輪はKATOのものを使用することにしました。 で、製品をマジマジと見てみたのですが、やっぱり連結器は密自連のままでした。N化の際、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more