小田急ファミリー鉄道展2018

今年も蛯名の車庫で行われるファミリー鉄道展をのぞきに行ってきました。
画像

朝方人身事故があったおかげで本来展示はLSE7000形だけですが、構外留置線上にEXEやMSEが大量に留め置かれていました。そういえば以前もこのようなことがあったような・・・
画像

事故とは関係ないのですが、ロマンスカーの隙間から登山仕様の赤1000形もちらっと見えました。
画像

肝心な展示の方ですが、今回で最後の展示となるLSEですが、案の定、まともに撮れるようには置かれていませんでどこをどうやっても人が写っちゃいます。まぁちゃんと撮りたければしかる場所から走行車両を撮って下さいという感じか、喜んで撮っているのは子どもだけです。まぁこれも覚悟の上ですから。
画像

それにしても最近は写真の撮り方も変わりました。一眼レフでカメラをのぞいて撮る派は断然減って、スマホやミラーレスカメラをライブビューで画面を見て手を伸ばして撮る派が増えたために、こういったイベントや駅撮りでは一眼レフでのぞいて撮っている画面にお隣さんの伸ばした手やカメラが映り込んでしまってトラブルやケンカになっているシーンを何度か見たことがあります。
スマホで簡単に写真が撮れるようになったこととSNSの普及によって手軽に撮る人が増えた事により鉄道を撮る人もかなり増えましたしね。私が若い頃なんか女子鉄なんて皆無でしたし。
ただこういったトラブルやケンカが多発するとイベントが無くなったり、駅撮り禁止なんて事になってしまうので、何とかならないものかなと思ったりします。まぁあと何年かしたら一眼レフは無くなっているかもしれませんけどね。
今回は数枚しか撮っていませんが、この縦撮りしたのが一番まともだったか。
画像

ラストランのステッカー、これを撮っている人も多かった。
画像

7000形といえば一番ロマンスカーらしいと思います。3100形は何となく名鉄のパノラマカーと似ている感じがするし、10000形は前面に表示幕が無くてちょっと寂しいし、それ以降は(VSEやGSE)は洗練しすぎていてらしさに欠けると思うし。
近い将来、箱根登山鉄道からも古参のモハ1、2が消えようとしているし、そうなると残るは江ノ電305号くらいになるわけですが、これも風前の灯か、ステンレス車ばかりのつまらない鉄道になってしまうわけです。
(しかもベースはみんな同じE231,E233)
とぼやきながら第1会場をあとにしました。ちなみに昼前に訪れたのですがポストカードのようなものは全て捌けていて無くなっていました。
第1会場に行く前に第2会場で駅弁を買う列に1時間も並んだためですね。
2個買いました。
画像

しまった、勝手からウニの弁当に駅弁マークが無いことに気がついた。
駅弁マークは日本鉄道構内営業中央会会員のマーク。だけど会員の弁当でも無い場合もあるみたい。
ただ個人的にはこのマークが無くっちゃ駅弁を買ったという感じがしないのでやっちゃったって思い。このマークが無いんじゃ駅弁じゃ無くて駅で売っている弁当、しかも駅で買っていないからただの値段の高い弁当。まぁこの辺は人それぞれ考え方が違うと思いますのであしからずという事で。
弁当の中は下の通り、結論から言うと美味かったですが、写真とウニのボリュームがだいぶ違っていた。これもよくあることですけどね。
画像

もう一つは茅野駅の弁当。写真が無かったので開けてみてかなりガッカリ。松茸は超小さくて薄いのが3枚、しめじの方が量が多かったから、しめじと牛肉の弁当って感じ。錦糸玉子でご飯を見えなくしてごまかしている感じ、こちらも味は美味かっただけに値段を考えるとがっかり。どちらも1300円くらいだったと思います。
画像

こうしてみるとよく口にする崎陽軒のシウマイ弁当が値上がって860円になったとは言え、おかずの種類も多くてリーズナブルであってさすがに日本で一番売れている駅弁(もちろんマークもある)だなと実感します。
小田急ファミリー鉄道展は自宅から近いこともあって毎年行っているのですが、毎年裏切られている感があって辞めよう辞めようと思いつつ行ってしまいます。一私鉄では展示する車両の種類にも限りがあるから、JRのように豊富な種類、機関車や電車、客車とあるわけでは無いので目玉が少なく、また車両基地そのものもあまり大きくないので人がごった返して車両を見に行くと言うより人を見に行く状態になってしまいますね。
東急みたいに人を限定するのも一つ手かも知れませんがこの場合は訪れる人が少なくなるので物販量が減ってもうけにならないから、企業間で考え方が違うんでしょうね。最近は鉄コレ・バスコレが製品の異常な値上がりによってブームが去ったことから、これ目当てで来る人はほとんどいなくなったので、物販も子ども向け製品か、本来捨てるはずだった廃部品を異常な値段で売って儲ける位ですからね。と文句を言いつつ時間つぶしに行ってしまう私。
次回のイベントからは一眼レフをやめてコンデジだけで手軽にイベントに行こうと思いつつ、文句をたれながら終わりにしたいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック